Young Woman Contemplating

イギリス短期留学サポート

「ヤバい…忘れた…」「あれ欲しいな…」

現地で調達出来るもの

 「あるかどうかわからないから、取り敢えず持っていこう。」と荷造りを始めると、かなりの量の荷物になりビックリ。これが、ただの旅行ではなく2・3週間の短期留学での滞在となると、その荷物に洗剤、食品なども加わるので、荷物はさらに大きくなります。帰りの荷物は絶対と言っていい程、お土産で増えることになるので、安く現地で購入できるものがあれば持参しないというのが身軽に旅行するコツです。

​ 以下にイギリスでも入手できるもの、イギリスで入手した方が安価であるものをご紹介します。

1.SIM

 イギリス国内では無料でWiFiを使用できる場所は日本に比べると多いです。その傾向は特に大都市に行けば顕著で、ロンドンでは空港、駅構内(地下鉄構内は有料)、博物館&美術館、デパート、レストラン等で使用することが出来ます。下記の地図では無料Wi-Fiスポットを探すことが出来ます。

 

 ロンドン無料WiFiスポット地図

 

 

 ただ、やはりいつでもどこでも・・・という訳にはいきません。学校や寮・ホテルでは問題なく無料Wi-Fiが使えることが多いですが、外出時には日本から持参したポケットWiFiや、日本の携帯会社の海外ローミングサービスを使用するなどの方法もありますが、かなり割高になるのは否めません。

 

 イギリス国内でSIMを入手すれば比較的リーズナブルにWiFiを使用することができます。ただ、その際にはSIMフリーか、若しくは携帯会社によってSIMロックが解除されているという条件が必要となります。ですので、イギリスでSIMを購入する予定であれば、お使いのデバイスがSIMフリーかどうかを事前に携帯電話会社にご確認ください。

***注意:ドコモのSIMロック解除スマートフォンをご利用の場合、APN設定を各自で行う必要があります。設定方法に不安がある方は事前にショップ等で確認して下さい。

 

2.電化製品

 

 

 「荷物に入れた筈なのにない・・・」という忘れやすい必需品のナンバーワンが『Travel Adaptors』ではないでしょうか?持ってきていても、『初日にドライヤーを差し込んでスイッチを入れた途端爆発!』というアクシデントでダメになってしまったり。しかも、買い直そうと思っても、何処にあるかという事に加えて、「何て名前なのかわからない・・・」というアイテムです。

 

 イギリス滞在中にしか使用しないので、誰しもが「なるべく安いものがいい」と思うのは当然のことです。そんな時に手軽に電化製品、コンピュータ周りのアイテムまで簡単に、しかもとてもリーズナブルな値段で揃うのが『Argos (アゴス)』というショップです。ちょっとした街であれば必ず1件はショップがあるという全国チェーン店です。

 

 買い方は、先ずはショップに行き、テーブルの上に置いてあるカタログから欲しいものを探し、商品番号を目の前にある画面に入力してクレジットカードで決済。支払いが終わるとレシートのような紙が印刷され、そこには番号が大きく印刷されているので、番号が呼ばれるまで1・2分椅子に座って待つ・・・と、これだけ!

 他にもドライヤーなど、海外旅行仕様で日本で購入すると高いものなどは、現地で購入した方が安い場合もあります。ドライヤーなら1500円くらいからあります。

 Argos (こちらからカタログで商品を探せます)

 また、コンピュータ関連で専門性の高いアイテムの場合には、こちらがお薦めです。

 

 Currys PC World (こちらからカタログで商品を探せます)

 

 

 イギリスに行く前にカタログを調べておくと荷物が減らせるかもしれませんね。

 
u_10145117.jpg
argos-black-friday-uk-deals.jpg
17608728-0-image-m-118_1566562243927.jpg
 

3.食品

 

 

 日本から様々な食べ物や食材を持ってきて、実際イギリスに到着しスーパーマーケットに行ってみると「あれれ?持ってこなくてもここにもあるんだ!」と感じるかもしれません。日本食ブームになって久しいイギリスではスーパーでランチ用にお寿司のパックが売られるようになりました。

 

 レスターでは、野菜や果物はシティセンターのど真ん中にあるオープンマーケットに行けば安く新鮮なものが手に入りますし、スーパーに並ぶ、肉、ソーセージ、ハムやチーズなどの品揃えを見るとイギリスが酪農国であるということを実感されると思います。

 

 とはいうものの、やはり数週間イギリスに滞在するとなると、日本食や食べ親しんだ食べ物も欲しくなることもあることでしょう。そんな時の為に『現地で揃う食材』をご紹介します。

  このショップはレスター駅から徒歩5分くらいの所にあり大変便利です。下記のスライドでお店の品揃えをご覧ください。(地図下記参照)

  Mega Oriental Supermarket Leicester

お醤油、日本酒、豆板醤、わさび、マヨネーズ、米酢を始め、ウスターソース等が揃います。

 

4.薬

 

 

 旅行中に体調を崩してしまうと、楽しみが半減してしまいます。

 

 日本からいつも使い慣れた薬をお持ちいただくのが一番いいのですが、万が一予期せぬ症状で薬が必要になった場合にはBoots(ブーツ)というお店をお勧めします。このショップはチェーン店で、空港をはじめとしてどこにでもあるので大変便利です。また、薬だけではなく化粧品、ちょっとしたランチも販売しているので日本のドラッグストアーに近い為、使い勝手がいいと感じるかもしれません。

 こちらに書いてある薬名は、イギリスでごくごく一般的に『この症状ならこれ!』という代名詞的に使用されているお薬です。値段も手頃ですが、購入される場合には、薬剤師の方に症状を説明し、アレルギーなどがないかどうかを必ず個人で調べてからご使用ください。

Boots

Pain(痛み止め)

​​一般的な頭痛薬:Paracetamol(イギリスでは妊婦ものめると言われる副作用の少ない薬)

腰痛、膝、肩こりなどの痛み:Ibuprofen(飲み薬。特に関節系の痛みに用いられる)/Voltarol(腰痛、膝、肩こり等の痛みに効く塗り薬)

**上記以外にも、カイロの様な物で、貼って患部を温めるものもあります(寒い日に温める用には温度が低すぎる為お勧めできません)

Stomach & bowel (胃腸薬、胃痛、消化不良)

下痢止め:Imodium

便秘(漢方薬:センナ):Senokot

Footcare (足のトラブル)

​​靴擦れ:Heel Blister Plasters (写真右)

Cough, cold & flu 風邪の症状)

喉の痛みVicks VapoRub (塗る風邪薬ヴェポラップ)

風邪による寝苦しさNight Nurse (飲んで寝るとあっという間に眠りに落ちる睡眠促進効果)

喉の痛みLemsip (お湯に溶かして飲む。喉のあれが和らぐ)

Mouth & oral care

口内炎:Bonjela (口内炎の炎症を抑える塗り薬)

Plasters.png