nationalexpress0712a.jpg

庶民の強い味方!

長距離バス(National Express)の

チケット予約と乗り方

 日本でも、その利便性とコスパの良さから幅広い層の人に人気のある長距離バス。イギリスでもやはりその値段(安い時で片道約5ポンド)が魅力でとても人気があります。チケットの入手方法は日本とほぼ同じですので、ここでは普通の路線と空港からの送迎専門の長距離バスのシステムをご紹介します。

 

 今回はレスターからロンドンまでの往復切符の購入方法をご説明します。

 

 長距離バスはイギリスではコーチ(Coach)と呼ばれています。長距離バス乗り場と鉄道駅は離れていることも多いので、事前に場所を調べておいてください。

 サイトはこちらからになります。→ National Express (イギリス最大大手の長距離バス会社です)

 

 レスターの長距離バス乗り場は『St Margaret Coach Station』です。シティセンターのショッピングモールから徒歩5分。レスター駅からは徒歩10分弱です。

 National Express停留所の目の前にはタクシー乗り場があります。

 ご注意:このバス・ステーションは、昼間はショッピングモールも近く、また大変多くの短距離・長距離のバス利用客も訪れる為、大変賑わう安全なエリアなのですが、夜はバスの便数が減る為、余り人通りもなく不安に思われる方もいらっしゃると思います。特に夜8時以降にレスターに到着する場合には、タクシーが出払っていれば、そこで一人でタクシー待ちをすることもあるかと思います。冬は午後5時には日没となりますので、暗くなってからご利用される場合には、グループで行動するか、誰かに迎えに来てもらうということもご検討ください

​  下記のアイコンからそれぞれの予約方法についての説明に飛ぶことが出来ます。

 

​都市間を結ぶ長距離バスの乗り方と予約方法

 ロンドンでの長距離バス乗り場は『London Victoria Coach Station』です。地下鉄のハブステーションである地下鉄ヴィクトリア駅からは徒歩で5分くらいの距離にあります。レスターからの所要時間はラッシュ時と通常時とは1時間ほど差が出ますが、週末の早朝であれば最短の2時間20分ほどでロンドン市内に到着します。(列車ですと約1時間10分です)

 ここからバッキンガム宮殿までは徒歩15分ですので、先ず到着したらバッキンガム宮殿を目指す…というのが人気のルートです。

1.サイトに行きます。 National Express

 上記のサイトから入ると下記の様な画面が出てきます。往復で購入する場合は、Returnを選択しましょう。Leicester とタイプすると『Leicester St Margaret Coach Station』が出てきますので、そちらを選択します。同じようにLondon とタイプして『London Victoria Coach Station』を選択します。

NE1.JPG

2.日時を記入します。 

 日時の所のカレンダーマークをクリックすると下記の様なカレンダーが出てきます。時間も分かれば選択してください。全て記入し終わったら『Find my journey』をクリックして支払い画面に移動しクレジットカードで支払いをします。

 

 席の予約の有無を聞かれますが、当日早めに行っておけば座れないことはないので必要ないと思います。

NE2.JPG

3.当日チケットを持参する 

 予約完了するとメールアドレスにチケットが送られてきます。当日ドライバーにこれを見せバスに乗り込みます。通常ドライバーだけでの運行なので走行中は質問できません。行先等に不安がある場合はこの時に聞いておいてください。当日Wifiに繋がらない等の不測の事態も考えられるので、念の為チケットは印刷しておいた方が安心です。

4.ロンドンの渋滞を回避して目的地に早く到着するコツ

 早朝の便は時間に正確ですが、時間帯や当日の交通事情によってはかなり遅れることもあります。

 

 この遅れの大半がロンドン市内に入ってからヴィクトリア駅に到着するまでの距離なので、急ぐ場合にはその手前の停留所である『London Finchley Road Station』で降り、そこから地下鉄(Jubilee LineMetropolitan Line)を利用することで、ロンドン市内の渋滞に巻き込まれず到着することが出来ます。

 

 ただ、レスターからの全ての便がその停留所を通るわけではなく、加えて、予約の際にその停留所を最終目的地として選択しておかないと、当日「ここで降ります」と予定を変更して急にお願いしても降ろしてはもらえません。

 

 また、この様に途中下車をする場合にはバス車内に持ち込む手荷物のみで、バスのトランク等に預けている荷物がないということが前提条件となります。

 

空港バス(Airport Bus

 基本的な予約方法は、『都市間を結ぶ長距離バス』をご参照ください。

 空港バスはこちらのサイトから予約できます。 Airport Transfer

 

 事前に日本から空港バスをご予約される場合には、5ポンドの追加料金で'Change & Go'というサービスを受けることが出来ます。このサービスは仮にフライトが予定の到着時刻より遅れた場合でも、予約した前後12時間の間であれば、同じ路線のどのバスにでも乗ることが出来ることを保証するものです。

 

 事前予約しないで空港に着いてからバスのチケットをカウンターで購入することも出来ますが、この場合は希望のバスが定員に達していた場合は、次のバスを待たなければならないこともあります。バスは電車よりも本数が少ないので、時間帯によっては数時間待つこともあります。

 

 バーミンガム空港からレスターまで

  バーミンガム空港はヒースロー空港に比べると遥かに小さい為、空港到着から入国審査、荷物を受け取るまでが短時間で済みます。加えて、長距離バスの停留所は空港ターミナルの目の前!(下記地図参照:バス停G) 長時間のフライトの後、直ぐにレスターまで行けるのは最大のメリットです。

 

 バーミンガム空港から長距離バスで最短で約1時間でレスターのLeicester St Margaret Coach Station』まで到着します。レスターでは、バス停の前にはタクシー乗り場がありますので便利です。(***夜遅くの到着は出来れば避けてください)

 

 バーミンガム空港からレスター間は、列車で約1時間半かかり、加えてバーミンガム市内の駅で1回乗り換える必要があるため、大きな荷物を持っている場合にはかなり不便です。ただ、時間帯によってはご覧の通りバスで2時間かかることもある為、どちらが良いかはケースバイケースと言えるでしょう。

 

 バスはバーミンガム空港からレスター市内まで乗り換えもなく、しかも列車が約15.90ポンド(週末の値段。平日は約20ポンド)であるのに比べ、バスは約9ポンド。時間帯によっては、3ポンドを切るお値打ちなバスもあります。

 

 バスは朝4時頃から夜の10時半頃まで1-2時間に1本はありますので、空港のコンビニでバスが来るまで夕食や翌日の朝ごはん等を買い込む時間もあり、宿泊施設に入れば、後はシャワーを浴びてベッドへ・・・とイギリス初日を楽~にスタートさせたい方にはお勧めです。

BHX.JPG

バーミンガム空港のNational Express(長距離バス)停留所は空港の目の前です

BHX coach stop.JPG
 

ヒースロー空港からレスターまで

 ここではヒースロー空港からレスターへ長距離バスで移動する方法をご説明します。

 

 ヒースロー空港から既にロンドン市内に入られ、その後レスターに移動される場合は、長距離バス利用の方は「​都市間を結ぶ長距離バスの乗り方と予約方法」を、電車で移動される方は「列車チケット購入法」をご参考にチケットをお取りください。ロンドン市内から再度ヒースロー空港に戻る必要はありません。

 

 

 ヒースロー空港は5つのターミナルを持つ巨大空港です。ターミナル1~3は、それぞれが隣接しており、空港間の移動も徒歩できます。一方で、ターミナル4とターミナル5は、規模拡張に伴い、後に新設されたターミナルである為、若干離れた所に位置しており、相互間の移動には地下鉄やバスを利用することになります。

 このヒースロー空港にはセントラル・バス・ステーション(Central Bus Station)があり、ここからロンドン市内、レスター、オックスフォード等、イギリス各地移動します。ヒースロー空港の規模から想像するのは難しいくらい、こじんまりしたバスステーションなので、ここに到着しさえすれば、それぞれのバスの乗り場は直ぐにわかると思います。

 

 セントラル・バス・ステーションはターミナル1~3の中間あたりに位置しているため、ターミナル1~3を利用する場合には、セントラル・バス・ステーションまで歩いていく必要があります。(セントラル・バス・ステーション地図参照)。イメージとしては、其々のターミナルを出て正面の建物から地下に降り、地下道を暫く感じになります。

 

 案内看板も空港内に殆どない為、大きな荷物を持ったまま、かなり迷って到着する人も少なくありません。ですので、バスは時間の余裕があるチケットか、変更が可能なチケットを予約することをお勧めします。(下記参照)

 ターミナル4や5には、それぞれの停留所がありますので、Central Bus Stationに移動しなくても、そちらで待っていれば利用できます。ただ、便によって停留所が異なる場合があるので、必ず予約する際に確認することが大切です

 予約方法

 

 基本的な予約方法は、『都市間を結ぶ長距離バス』をご参照ください。

 こちらのサイトから予約できます。 Airport Transfer

 

 事前に日本から空港バスをご予約される場合には、5ポンドの追加料金で'Change & Go'というサービスを受けることが出来ます。このサービスは仮にフライトが予定の到着時刻より遅れた場合でも、予約した前後12時間の間であれば、同じ路線のどのバスにでも乗ることが出来ることを保証するものです。

 

 事前予約しないで空港に着いてからバスのチケットをカウンターで購入することも出来ますが、この場合は希望のバスが定員に達していた場合は、次のバスを待たなければならないこともあります。バスは電車よりも本数が少ないので、時間帯によっては数時間待つこともあります。

LHR.JPG

 **ご注意:上記の情報は2019年12月の現時点のものですので、皆様のチケットご予約時には変更・改正点があることが予想されます。上記の情報をご利用になっての問題や間違った切符の購入、返金等に関しては弊社では一切責任を取りかねますので、情報は参考までとし、あくまでも自己責任でご予約下さい。