uollogo.png

レスター大学の特徴

 THE University Impact Rankings 2019』で世界で37位にランクインしたレスター大学は、特にその理系分野である医学、遺伝子工学、天文物理学、数学での革新的な研究が国際的に高く評価されています。世界で初めてDNAを科学捜査の手法として殺人事件を解決に導いたレスター大学は、その後も遺伝子指紋検査法(genetic fingerprinting)を使用し、レスター大聖堂の駐車場で発見された人骨をイギリス史上有名なリチャード三世の遺骨だと突き止め世界を驚かせたことは記憶に新しいところです。

 

 その他にも宇宙開発、変性疾患治療の分野において世界を牽引する大学として高名であり、またユニークなカリキュラムとして博物館学、メディア学部はイギリスの中でも白眉なものであり、世界中の留学生から人気を博しています。

総学生数:約18000人(学士課程10800人 / 修士課程7200人 / 留学生数5900人 )

レスター大学の歴史

   1917年、戦争により絶望の中にいたレスター市民にレスター・デイリー・ポストは社説で、死者を追するためには記念碑建設等に政治的資金を投入するよりは、今後のレスターの発展の為に、より実用的なものに使うべきだと主張しました。戦争の終結後、地元の新聞、レスター・ポスト、レスター・メールはそれまで大学がなかったレスターに大学を建設する為寄付を呼びかけました。多くの人々の努力の結晶として設立されたレスター大学の前身であるカレッジ「Leicestershire and Rutland University College」は、繊維産業に拠点を置いていたイギリスの慈善家トーマス・フィールディング・ジョンソン(Thomas Fielding Johnson)の多大な寄付金により、カレッジから大学へと大きく前進することになります。1921年に最初の学生を受入れ、1927年にはロンドン大学の単位を取得できる外部教育機関へと成長を遂げ、遂に1957年に英国王国より正式に大学として学位を認定できるようになりました。この慈善家フィールディング・ジョンソン氏の貢献を称えるべく、現在も大学の中心にある建物にその名が刻まれています。

 

 

 

 

 

 

大学内キャンパスとレスターの街

 イギリスの中心に位置するレスターは、古代ローマ時代に建てられたイギリスでも歴史の深い都市です。ロンドンから電車で約1時間のアクセスであり、他の主要都市からのアクセスも良好。学生に優しい街としても有名で、過去に何度も最も物価の安い中小都市としてランキングしています。

 

 街の中心にはチューダー時代の歴史的遺産が数多く残り、新たに建設された巨大ショッピングモールやスポーツクラブ、バーなど学生生活には欠かせない施設が揃っています。大学の裏には自然豊かなヴィクトリア公園が隣接しており、夏などには学生が芝の上で寝っ転がりながら本を読む姿も見られ、都会の喧騒から離れた静かな環境でリラックスして勉学に励むことができます。

​レスターの街についてもっと知りたい方はこちらから

 

 

 

大学施設・設備

キャンパスの中心には、エリザベス女王陛下がオープニングセレモニーに参加されたDavid Wilson 図書館があり100万冊を超える書籍を所蔵しています。他にも、グループスタディルームや自習室、コンピューターなどを完備した図書館は24時間解放され、疲れたら併設している図書館内のカフェエリアでリラックスすることも出来ます。図書館の機能的かつ斬新なデザインは英国国立大学図書館協会から高く評価され、図書館デザイン賞が贈られました。

レスター大学イチオシの学部

医学部(Leicester Medical School)

 定員290名の枠に寄せられる願書はイギリス全土から毎年約2000通。その人気の秘密は2016年9月にオープンした、設立当時イギリス医療教育界における最大規模の投資と謳われた最新鋭の医療機材を所有するジョージ・デイビスを有しているからでしょう。医学部から半径5キロ以内に大学病院が3つあり、各病院が得意とする専門分野が分かれている為、医学生は初期の段階からそれぞれのエキスパートについて興味のある専門分野について学ぶことが出来ます。

ビジネス学部(School of Business)

レスター大学の経済学部はその魅力的な講師陣と講義内容で人気でしたが、近年マネジメント学部と合併しビジネス学部が設立されました。コースでは、ミクロ・マクロ経済、数学的方法論など、現代の経済理論を、IMF(International Monetary Fund:国際通貨基金)やOECD(Organisation for Economic Co-operation and Development:経済協力開発機構)、世界銀行などでの勤務経験を有する講師陣が教鞭をとることにより、実践的なスキルを身に付けることができます。

生物科学(Biological Sciences

現在多くの科学捜査などで使用されている遺伝子指紋検査法(Genetic Fingerprinting)は、1984年にレスター大学で開発され実践されました。以来、遺伝子分野における大学内での研究は世界中から注目を集めており、2012年にリチャード3世と思われる遺骨が発掘された時にもこの分野での研究の技術力が証明されました。レスター大学の生物医学のコースでは、遺伝子学をはじめ、バイオケミストリー、神経科学、動物学など自身の興味のある領域を専門的に学んでいくことができます。

 
天体物理学(Physics and Astronomy Department 

ガーディアン紙の近年の大学ランキング・物理学部門で、イギリス第5位を獲得したレスター大学は、物理学研究においてイギリスを牽引する教育機関です。最新鋭のコンピューター設備の下、物理学の基礎から、数学、古典力学、原子物理学、素粒子物理学まで、幅広く学ぶことができます。天体物理学のコースは、同分野においてイギリスで最も長い歴史を持つコースのひとつであり、「宇宙」に関連したより専門的領域を学んでいくことができます。

レスター大学の学費・奨学金

留学生の授業料2019/2020)

奨学金

university-of-leicester-10007796-univers