個性的な個人旅行

プランもアイディアも色々!

 イギリスに6月から8月にかけて訪れた方は日本のそれとは全く違う木々の青さや、木陰に入ると太陽が降り注ぐ日でも爽やかで心地よいということに先ず驚かれることでしょう。汗もそれほどかかず、蚊も殆どいないので、大勢の人が公園で寝そべって日光浴を楽しみます。夏の午後9時まで明るい空は、涼しい風が吹き始める夕方から散歩やパブに出かけたり、ミュージカルを鑑賞したり…というゆったりとした時間を過ごし方を教えてくれているようです。

 冬は午後4時には日が暮れますが、それだからこそ楽しめるのが『花火』。日本では夏の風物詩の花火が、ここでは冬に百花繚乱と咲き乱れます。10月のハロウィーンから始まり、11月のガイフォークス・デー、インドの新年を祝う行事 Diwali、そしてクリスマス、ニューイヤーと賑やかなお祭りは続きます。11月下旬からあちこちで始まるクリスマスマーケットや教会や劇場で行われるクリスマスイベントは春の訪れをイギリス人が如何に冬を楽しむことを知っているかを垣間見ることができることでしょう。

 観光旅行で毎日慌ただしく観光名所を回ることも旅行の醍醐味ではありますが、イギリス人が本当に誇るところの『肝』の部分には、その慌ただしさの中では触れることができません。実際に生活してみると、「電車が時間通りに来ない」「スーパーが巨大で買い物が楽しい」「高級外車が結構埃だらけ・・・」といった『イギリスらしさ』が見えてき初め、そんなところが何とも愛嬌があり、気取らないイギリスが前よりももっと好きになるかもしれません。

​ イギリスで旅行ではなく「日常生活」を経験されたい方。是非ご相談ください。

​**こちらから小学生のお嬢様とお母様お二人で『行きたい所だけに行く個人旅行』をされた方の声をお読みいただくことが出来ます。約10日間のプランもご覧いただけます。下記ボタンをクリックしてください。

Bakery

 早朝、近所の運河や公園を散歩して、その帰りに焼き立てのパンを買って帰る。食事の後はレンタカーで田園風景を愛でながら、気の向くままドライブを楽しむ。気が向けば蚤の市を冷やかしに街まで行く。夜は近所の教会で開かれているチャリティーコンサートを聴きに出かける。時間に追われることのないゆるゆるとした日々を過ごしてみませんか? 

 贅沢なイギリスでの普通の生活をお楽しみ下さい。

​もっと読む

lake district.jpg

​ 「博物館・美術館を心行くまで堪能したい」「ロンドンでミュージカルを全制覇したい」「オークションや骨董市でお宝をじっくり探したい」「憧れの湖水地方でのんびりした時間を過ごしたい」などなど。

 

 普通の旅では味わえない充実した『私の時間』をまったりと味わいたい方にお勧めのじっくり滞在型旅行です。

​もっと読む

Red Christmas Baubles

シーズン限定プラン

 ​イギリスでクリスマスを満喫するプランです。クリスマスはバーゲン・セールの時期でもあります。光り輝くイルミネーションに飾られたショッピングモールや大通りを歩けば、街のあちこちからクリスマスのメロディーが響き渡ります。

 毎日のように開催される大小のクリスマス・コンサートに赴けば、騒々しさとはかけ離れた本来の神聖なクリスマスを感じさせてくれます。

 本場のクリスマスをご堪能下さい。

 

​もっと読む